大事な資産、大切に育てるNISA・つみたてNISA

口座開設や必要な手続き方法がすぐわかる!
NISA手続き早わかりナビ

\3つ以内の質問に答えるだけ/

ナビを開始

NISA口座・つみたてNISA口座開設までの流れ

ご利用には投資信託口座の開設が必要です。

投資信託口座をお持ちですか。

投資信託口座とNISA口座・つみたてNISA口座の開設が同時にお手続きいただけます。
NISA再開設にあたるお客さまで、投資信託口座をお持ちでないお客さまもお手続きいただけます。

NISA口座・つみたてNISA口座は選択制でどちらか1口座のみ開設することができます。

投信・NISA口座開設

(ログイン画面が開きます)

既に投資信託口座を開設済みのお客さまが対象です。
また、金融機関変更やNISA口座・つみたてNISA口座の再開設に関するお手続きは異なりますので、金融機関の変更または再開設をご確認ください。

NISA口座開設

(ログイン画面が開きます)

NISA口座・つみたてNISA口座に関するお手続き

NISA口座・つみたてNISA口座の利用金融機関を変更

下記の書類と勘定廃止通知書(他社が発行)、指定の本人確認資料、個人番号確認資料を同封のうえ、変更したい年の9月30日までに当社へご返送ください。
印刷できないお客さまは、お手数ですが、投資信託カスタマーセンターまでご連絡ください。

  • 他社のNISA口座・つみたてNISA口座を残したまま、PayPay銀行にNISA口座・つみたてNISAを開設したい
  • PayPay銀行のNISA口座を残したまま、他社にNISA口座・つみたてNISA口座を開設したい

変更しようとする年の勘定で投資信託等を購入(分配金再投資による購入を含む)していた場合、その年分は他の金融機関へ変更できません。

金融機関を変更する場合、変更前の金融機関で保有中の投資信託等を、変更後の金融機関のNISA口座・つみたてNISA口座に移すことはできません。

NISA口座・つみたてNISA口座を再度開設する

下記の書類と非課税口座廃止通知書(他社もしくは当社が発行)、指定の本人確認資料、個人番号確認資料を同封のうえ、再開設したい年の9月30日までに当社へご返送ください。
印刷できないお客さまは、お手数ですが、投資信託カスタマーセンターまでご連絡ください。

  • 他社のNISA口座・つみたてNISA口座を廃止し、PayPay銀行にNISA口座を開設したい
  • 過去にPayPay銀行のNISA口座・つみたてNISA口座を廃止したが、再度PayPay銀行にNISA口座を開設したい

他社もしくはPayPay銀行のNISA口座・つみたてNISA口座を残す場合は「金融機関の変更」となります。

NISA口座・つみたてNISA口座の種類を変更する

下記の書類と指定の本人確認資料等を同封のうえ、変更したい年の9月30日までに当社へご返送ください(10月1日以降のお手続きとなる場合は、翌年の勘定より変更いたしますのでご了承ください)。
印刷できないお客さまは、お手数ですが、投資信託カスタマーセンターまでご連絡ください。

変更しようとする年分の勘定で投資信託等を購入(分配金再投資による購入を含む)していた場合、その年分については変更ができません。

口座種別の変更をした際に、設定が残っている積立については、変更後の口座で再度設定のお手続きをお願いいたします。

口座を解約

下記の書類と指定の本人確認資料等を同封のうえ、変更したい年の9月30日までに当社へご返送ください。
印刷できないお客さまは、お手数ですが、投資信託カスタマーセンターまでご連絡ください。
保有ファンドがある場合は、保有ファンドを売却のうえご返送をお願いいたします。
書類到着時点でお客さまのファンドがある場合は、投資信託総合取引約款にしたがい当社所定のルールにて当該受益権の解約手続を行い、解約代金を普通預金に振り替えいたします。

【同時に投資信託口座を解約される場合】

下記の書類と本人確認資料、個人番号確認資料を同封のうえ、お送りください。