利用方法・マニュアル

WEB総振の流れ

STEP1 振込データの作成

全銀形式またはPayPay銀行形式で振込データを作成してください。
会計ソフトなどからダウンロードしたデータを使うこともできます。

詳細は振込データの項目説明をご確認ください。

STEP2 データアップロード

STEP1のデータをアップロードします。

詳しい操作方法は操作マニュアル 7〜19ページをご確認ください。

STEP3 承認

STEP2でアップロードしたデータを承認することで振込依頼が完了します。
管理者IDまたは承認権限を持つ承認者IDでログインください。

詳しい操作方法は操作マニュアル 20〜33ページをご確認ください。

STEP4 実行

承認後、振込が実行されます。
実行後、振込結果の照会やエラーとなった振込の再振込を行えます。

詳しい操作方法は操作マニュアル 34〜40ページをご確認ください。

WEB総振(BA-PLUS用)操作マニュアル

2009年7月22日以前にご契約のお客さまはWEB総振操作マニュアルをご確認ください。

振込データの作成方法

振込先情報を入力して振込データを作成します。
全銀形式・PayPay銀行形式で作成できます。

全銀フォーマット

全国銀行協会が定めたデータ伝送用のフォーマットです。
全銀フォーマットに対応している会計ソフトなどからダウンロードしたデータもご利用いただけます。

全銀フォーマット

PayPay銀行指定フォーマット

全銀フォーマットと比べ、設定項目を減らし、作成・編集をしやすくしたPayPay銀行独自のフォーマットです。
一から振込データを作る場合におススメです。

PayPay銀行指定フォーマット

振込データの作り方や各項目の説明は振込データの項目説明をご確認ください。