PayPay銀行をかたるメールやSMS(フィッシング)

当社をかたる不正メール・SMSが多く確認されています。
メールやSMSで本物そっくりなPayPay銀行の偽サイト(フィッシングサイト)に誘導して、パスワードや個人情報を盗み出す行為をフィッシングといいます。
盗まれた情報は、あなたになりすましてサービス利用するために使われます。

下記に該当する当社の口座をお持ちのお客さまは、至急窓口までご相談ください。
  • 偽サイトでワンタイムパスワードや口座情報(パスワード・暗証番号・生年月日など)を入力してしまった。
  • 心当たりのない振り込みによる不正な出金があった。

03-3344-3332(通話料有料)
営業時間:24時間365日

商品やサービス、お手続きに関するお問い合わせは、こちらの窓口ではご回答できません。お問い合わせに記載のそれぞれの窓口までお問い合わせください。

Visaデビットに関するご相談
偽サイトでVisaデビットカード番号を入力してしまった場合や、心当たりのないVisaデビットの引き落としがあった場合は、Visaデビットカスタマーセンターにご連絡ください。
営業時間:9時〜17時
休業日:12月31日〜1月3日、5月3日〜5月5日
フィッシングサイト・メールに関する情報提供
チャットでお問い合わせください。
営業時間:9時〜17時
休業日:12月31日〜1月3日、5月3日〜5月5日

被害に遭わないためには

偽サイト(フィッシングサイト)は見分けられるの?

偽サイトは本物のサイトの画面をコピーして作成することが多く、見分けることは非常に困難です。

不審に感じたらアクセスしない

不審なメールやSMSを受信された場合、無理に不正かどうか見分けようとせず、本文に記載されたURLは絶対に開かず削除するようにしてください。

公式アプリやブックマークからログイン

日頃から、公式アプリや「お気に入り(ブラウザのブックマーク)」から当社サービスにアクセスするように心がけてください。

PayPay銀行を装った不審なメールやSMSが届いた場合、どうしたらいいですか。

不審なサイトでPayPay銀行の口座情報を入力してしまった場合、どうしたらいいですか。

不審なサイトにアクセスしてしまった場合、どうしたらいいですか。

不審なメールが届きました。本物かどうか自分で判断することはできますか。

金融犯罪にご注意