担保提供者

担保提供者とは、所有する不動産を担保物件として提供する人のことをいいます。
住宅ローンの利用にあたって、借入対象物件(土地・建物)が共有名義の場合、所有される方全員が担保提供者となり、提供することに同意いただく必要があります。

担保提供者の範囲
  • 配偶者
  • 婚約者(原則として住宅ローンのご契約前に入籍していただく必要がございます)
  • 親(義理の親も含む)
  • 祖父母(義理の祖父母も含む)

担保提供者は物上保証人となります。

借入対象物件(土地・建物)が共有名義の場合、その物件を誰がどのくらいの割合で所有するかを不動産登記簿に記載する必要があります。
この割合を持分割合といい、一般的にはいくらずつ資金を負担するかに応じて決めることとなります。

実際に資金を負担する割合と登記された持分割合が異なると、贈与とみなされ贈与税が課税される場合があります。詳しくは管轄の税務署へご確認ください。